完全信託保全で全額返還!国内FX会社なら安心して取引できる

FXの信託保全とは?

もしもの時も安心!FXの信託保全とは?

FXの信託保全とは資産を守る仕組みのこと「信託保全」とは、顧客から預かった資金(保証金)を、FX会社の財産とは区分した上で信託銀行等に管理を委託し、資金を保全する仕組みの事です。

これは金融商品取引法および関連法令といった法律によって義務付けられています。

つまり、もし万が一FX会社が破綻してしまった場合でも、私たちの資金はちゃんと返ってくるということですね。

第三者(信託銀行等)に管理を委託しているので、FX会社が破綻してしまっても、顧客の資金は差し押さえの対象にはならないんです。

信託保全には種類があります。

資産が返ってくるなら、当然全額の方が良いですよね?

実は、信託保全の中には資産の一部しか返還されないものが、以前ではあったんです。

今回は、そんな信託保全について詳しくご紹介していきます。

そもそも信託保全の仕組みとはどういったものなのか、種類はどれを選ぶと良いのか、また、信託保全で安心して利用できるFX会社はどこか等、ぜひ本ページを参考にしてみてくださいね。

まずは、信託保全の仕組みから、FX会社を例に出してご紹介していきます。

確かに、もしFX会社が倒産してしまったときに、自分の資産が返ってくるのかどうかはすごく気になるよね!
この信託保全も、FX会社を選ぶときの重要な判断材料になるわ。

ここでしっかり学んで、どこで口座開設をするのか検討してみてね。

信託保全の仕組み 資産の管理は第三者

FXの信託保全の仕組みここでは、GMOクリック証券の信託保全を例に、その仕組みをご紹介します。

GMOクリック証券では、三井住友銀行・みずほ信託銀行・三井住友信託銀行・日証金信託銀行と顧客区分管理委託契約を締結しています。

つまり、上記銀行に管理を委託しているということですね。

これにより、GMOクリック証券に預けている証拠金は、信託口座にて区分管理されています。 GMOクリック証券の信託保全

また、GMOクリック証券の信託保全は、受益者代理人として社外の弁護士を選定しています。

もしGMOクリック証券が破綻してしまった場合は、この受益者代理人を通して、顧客に帰属するべき資産を直接返還されるようになっています。 GMOクリック証券の破綻時の資産返還方法

さらに、GMOクリック証券では、内部管理担当役員により、日々の保全金額の照合等、資産の信託状況の監督を行っています。

信託財産が信託保全対象額より少なかった場合には、信託口座へ資金を追加することになっています。

つまり、いつでも保全対象額が全額返還できるように努めているということですね。

なるほど。

このシステムがありなら、僕たちは安心してFXが行えるね。

そうね。

これは国内FX会社ならではの仕組みで、海外業者は信託保全が義務化されていないのよ。

国内の大手FX会社を利用するのなら、非常に信頼感があるわね。

返ってくる資金は全額?信託保全の種類

FXの信託保全の保全範囲冒頭でも触れたように、信託保全には資金の全額が返ってくるもの、資金の一部が返ってくるものがあります。

ただ、現在では、法律により義務付けられているため、国内FX会社では全額が保全されるようになっています。

完全信託保全(全額信託保全)

FXの完全信託保全顧客の資産を完全に金融機関の信託口座に預け、分別管理します。

証拠金から決済損益、評価損益及びスワップポイントを加減算した全額が保全対象となります。

現在は法律により義務付けられたことから、国内FX会社のすべてがこの完全信託保全となっています。

分別保管

FXの信託保全の分別管理分別保管というのは、FX会社が自社の資金と、顧客の資金を別々に管理することです。

この場合、顧客の資金を保管している口座も、そのFX会社の名義になっている可能性があります。

ですので、もしこのFX会社が破綻してしまった場合、顧客の資金も差し押さえられてしまうことがあります。

以上のことから、分別保管は安全面において非常に心配です。

一部信託保全

FXの一部信託保全完全信託保全とは違い、顧客の資金の一部を信託口座に預け、分別管理し、残りをFX会社で管理します。

以前はこの一部信託保全のFX会社もありました。

FX会社の社長が顧客の資金に手を出し、トレードを行ったという事件があり、このFX会社が倒産した後、顧客の資金はほとんど戻ってきませんでした。

現在では、この一部信託保全のFX会社は国内ではありません。

以前はそんな事件もあったんだ!

完全信託保全以外は安心できないね!

そういったことも背景にあることから、完全信託保全が義務化されたのよ。

国内FX会社で口座を開設するのなら、どこも完全信託保全だから安心ね。

もし海外業者を利用することがあるなら、資金管理がどう行われているのか、しっかり調べておきましょう。

日次信託と週次信託はどっちが良い?

FXの信託保全の更新時期日次信託と週次信託は、信託残高を更新する時期が、毎日なのか毎週なのかということです。

日次信託

FXの信託保全は日次信託が良い信託残高の更新が毎日行われます。

FXでは相場が常に動き続けているので、口座に反映される額も変わってきます。

ですので、信託残高の更新時期は短ければ短いほど良いわけです。

このことから、日次信託の方が、週次信託よりも安全だと言えます。

週次信託

FXの信託保全の週次信託は更新が週に1回だけ日次信託とは違い、信託残高が週に1回しか更新されません。

更新から更新までの1週間、その間の利益などは保全対象に含まれないことになります。

つまり、もしその1週間の間にFX会社が破綻してしまったとしたら保全されないということですね。

これを補うメリットがない限り、週次信託よりも日次信託を選ぶようにすると良いでしょう。

国内FX会社のほとんどが日次信託

上記を読んでもらえれば、日次信託と週次信託、どちらを選ぶべきかはわかりますよね。

現在では、国内FX会社のほとんどが日次信託となっています。

ですので、完全信託保全に加え、日次信託で細かく信託残高が更新されることから、国内FX会社は非常に安全性の高いものとなっています。

国内FX会社は、かなり安全な信託保全のシステムになっているんだね。
しかも今では、顧客の資金が直接信託先の口座に入金されて、即時に信託保全されるサービスを提供しているFX会社もあるわ。

通常、一般的な信託保全では、入金から信託保全完了までに、少しタイムラグがあるのよ。

でも即時信託保全だと、これが全く無くなるのよ!

信託保全先が破綻した場合はどうなるの?

FXの信託保全先が破綻しても資産は守られる信託保全先(信託銀行等)が潰れてしまっても、私たちの資金は全額保護されます。

「FX会社が潰れた時は資金が返ってくるのはわかったけど、信託保全先が潰れてしまったらどうなるの?」

そういった疑問もあるかと思います。

万が一、信託保全先が潰れてしまったとしても、「信託法」という法律により、顧客の資金は守られるんです。

この信託法28条によると、信託銀行に信託された資産は、信託銀行自身の資産とは切り離して管理することが義務付けられています。

また、「信託先の信託銀行が倒産した場合でも、その債務者が信託財産を差し押さえることができない」となっています。

ですので、この信託法により、顧客の資産保全は確約されているんですね。

そもそも国内の信託財産は投資信託や年金関連が大半を占めています。

FXは、その中のごく一部なんです。

信託銀行が破綻となると、日本の金融システムが大混乱となり、国家問題にまで発展してしまいます。

そのため、もし信託銀行が破綻してしまいそうな場合は、実際にそうなってしまう前に、国が何らかの対策を行うと考えられます。

ですので、FX会社の倒産もそうですが、信託銀行の倒産も考えにくいことではあるんですね。

万が一倒産してしまったとしても、顧客の資金は全額安全に返還されます。

これを見ると、国内FX会社がいかに安全に利用できるかがわかるね。
そうね、FX会社も信託銀行も、破綻しないという確証はないわ。

どれだけ低確率だろうと、リスクはあるものね。

投資家側には、そういったリスクによる負担を軽減させて、FXに集中できる環境を、業者側は提供してくれているわね。

信託保全と併せてみておきたい FX会社の自己資本規制比率

FXの信託保全と併せて自己資本規制比率をチェック!FX会社を選ぶ際には、安全性を確かめるためにも、「自己資本規制比率」を調べておきましょう。

自己資本規制比率というのは、FX会社の財務基盤の健全性を測る指標の事です。

リスク相当額に対する、固定化されていない自己資本の額の比率の事を、自己資本規制比率と言います。

簡単に言うと、保有資産の価格変動やその他の理由により発生するリスクに対して、どのくらいの余力を有しているのかを示す数値です。

また、FX会社は、自己資本規制比率について、金融庁により下記の事を義務付けられています。

  • 140%を下回った場合には金融庁への届け出が必要
  • 120%を下回った場合には業務改善
  • 100%を下回ると3ヵ月以下の業務停止、もしくは登録取消

なお、金融先物取引法では、金融先物取引業者に、自己資本規制比率を120%以上に維持することを義務付けています。

一般的に、自己資本規制比率が高いほどリスクに対する許容度が高く、財務基盤の健全性が高いと言えます。

つまり、財務基盤の健全性が高いと、それだけ破綻する心配がないという事ですね。

いくら信託保全があるとはいっても、FX会社破綻後の、資金が返還されるまでの手続き等は時間がかかり面倒なものです。

ですから、FX会社を選ぶ際は、まずは「破綻する心配がない」ところを選ぶようにしましょう。

各FX会社の自己資本規制比率 比較

FX会社⇩ 自己資本規制比率
外為オンライン 488.2%
DMM FX 279.9%
YJFX! 1403.6%
GMOクリック証券 326.7%
みんなのFX 146.4%
インヴァスト証券 769.5%
外為どっとコム 1122.0%
ヒロセ通商 402.8%
マネックスFX 325.3%

これを見てもわかる通り、YJFX!と外為どっとコムは自己資本規制比率が1000%を超えており、ダントツですよね。

みなさんもこの表をぜひ参考にしてみてくださいね。

どのFX会社も、120%を上回る数値になっているね。

しかもその倍以上のところがほとんど!

ちなみにこの自己資本規制比率は固定ではないのよ。

3ヵ月おきくらいに変わったりするから、最新のものをチェックしておくようにすると良いわね。

もちろん上記の表は、2018年3月27日現在、最新のものを掲示しているわ。

現状では国内FX会社なら安心できる

国内FX会社は完全信託保全で安心国内FX会社では、全て完全信託保全となっています。

ですので、信託保全だけでFX会社を比較するのは難しいでしょう。

その他にもその会社が上場しているのかどうか、約定率は高いのか、取引ツールは使いやすいのかどうか、など様々な要素も調べておく必要があります。

また、総じて「人気」があるのかどうかも、判断材料となります。

人気という事は、それだけ多くのトレーダーが利用しており、何か理由があるはずなんです。

それを知るために、口コミを読んでおくのも良いでしょう。

今回は信託保全についてご紹介してきましたが、完全信託保全が義務付けられたことによって、それ以前よりも格段に安心感があります。

FX会社が破綻してしまうという事は、極めて稀なことではありますが、実際に破綻してしまったケースもあります。

ですので、まずは自己資本規制比率などを調べて、破綻しないようなFX会社を選ぶようにしましょう。

そのうえで信託保全もあれば、集中してFXに取り組むことができますよね。

これからFXを始めるという方は、ぜひ本ページを参考に、口座選びに役立てていただければと思います。

FXの信託保全 まとめ

FXの信託保全のまとめ
  • 信託保全とは顧客の資金を保全する仕組みのこと
  • 信託保全により、顧客の資金は第三者(信託銀行等)が管理する
  • 信託保全には種類があり、現在は全て完全信託保全
  • 完全信託保全は法律により義務付けられている
  • 信託保全は日次信託を選ぼう
  • 信託保全先が潰れてしまっても資産は守られる
  • 自己資本規制比率をチェックしよう
  • 破綻しないFX会社を選ぶことが第一

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買でスワップ収入 自動売買でプロのようにFX
GMOクリック証券 GMOクリック証券 yjfx 外為オンライン