少ない投資金額で大儲け!FXとはお金を育てる資産運用のこと

FXとはお金を育てる投資活動

Foreign Exchengeの略称がFX!

FXとは、「外国為替証拠金取引」のことです。

英語で「Foreign Exchenge」と呼び、その略称がFXです。

日本では、外為(がいため)と呼ばれることも多いですね。

これがいったい何なのかというと、実は投資方法のひとつなんです。

投資には、株式や不動産、今では人気の仮想通貨などがありますよね。

FXの場合は、お金に対して投資をしていくことなんです。

本ページでは、これからFXを始めようという初心者の方のために、FXについて、その具体的な魅力やリスク、気を付けるべき点などをご紹介していきます。

まずは基本中の基本をしっかりおさえて、FXに臨むようにしましょう。

FXとはいったい何なのか?について、このページでしっかりと学んでいってね!

FXとは何?ギャンブルのこと?

FXとはギャンブルの事ではないFXとは、ドルやユーロなどの外国通貨を交換・売買し、その差益を目的とした金融商品です。

外国為替証拠金取引と言われても、なんだか難しく感じてしまいますよね。

わかりやすく説明していきますのでご安心ください。

各国には、それぞれの通貨があります。つまり「お金」ですね。

このお金を交換し、売買するのですが、「両替」をイメージしていただけるとわかりやすいかもしれません。

例えば、日本円からアメリカドル(米ドル)へ両替し、その後時間をおいて、今度は米ドルを日本円に両替する、という取引です。 FXとは通貨と通貨を交換・売買すること

また、各通貨にはそれぞれ異なった価値があります。

FXは、その通貨の価値が上がるか、下がるかを予測して取引をしていくわけです。

自分の持っている通貨の価値が上がれば利益になります。

この利益を狙い取引をしていくのが、FXで稼ぐ仕組みとなっています。

上がるか・下がるかの予測というと、なんだかギャンブルのように聞こえるかもしれませんが、それは違います!

冒頭でも説明したように、FXは投資なんです。

ギャンブルのように運任せで取引をしていくものではありません。

勝つためには経験に裏付けされた知識・技術が必要となります。

それを十分に活かして、利益を生み出せるように取引をしていきます。

決して、ギャンブルと混同しないようにしてくださいね。

ギャンブル感覚でFXをすると、必ず痛い目に合うわよ!

FXは資産運用。一か八かで資産運用していく人はいないわよね?

きちんと利益になるかどうかを見極めて取引をするのがFXよ!

FXの目的は為替差益を狙う事

FXとは為替差益を狙った取引のことFXでの最大の目的は、取引した2通貨間の「為替差益」を狙うことです。

例えば、米ドルを1ドル120円で買ったとします。

つまり、日本円を米ドルに両替した、ということですね。

このように2国間の通貨を取引するときの価格や相場のことを、「為替レート」と呼びます。 FXとは?為替差益の具体例

その後しばらくして、米ドルの価値が1ドル125円まで上がりました。

その時、両替した1ドルを、また日本円に両替します。 FXとは?為替差益の具体例

すると、5円の利益が発生したことになります。

これが為替差益です。

為替レートが逆の場合には、5円の損失になるということですね。

FXでは、実際にはもっとまとまった通貨数量で取引をしていきますが、基本的な考え方は上記の通りです。

では、今度はもっと大きな額で考えてみましょう。

為替レートが1ドル100円のとき、1万ドルを買ったとします。

つまり、米ドルに100万円投資したということですね。(のちに米ドルの価格が上がると予測)

その後米ドルの価値が1ドル120円まで上がりました。

その時に、また両替をした1万ドルを日本円に戻すと、いくらになるでしょうか?

120円×1万=120万円。

120万円-100万円=20万円。

この場合、なんと20万円の利益がでたことになるんです。

1ドル分だけの取引だとたったの20円の儲けにしかなりませんが、FXではこのように、ある程度のまとまった数量で取引していくので、大きく稼ぐことができるんです。

ただし、為替レートが逆の場合は、同じように20万円の損失が発生してしまうことになります。

おぉ!これは凄い!ということは、もっともっと大きく投資すれば、利益もどんどん上がっていくわけだね!
ちょっと待った!確かに大きな額を投資すれば、勝ったときにはかなりの利益になるわね。

でも、FXはいつも勝てるとは限らないのよ!

負けた時はその分大きな損失を招くことになるの。

そう簡単に稼げる世界ではないのよ。

もう少し詳しくFXについて学んでちょうだい!焦りは禁物!

FXはどこで行うの?証拠金って何?

FXとはインターネット上で取引ができるFXはインターネット上ですべての取引が完結できます。

FXを行う際は、まず「FX会社」にFX専用の口座を開設する必要があります。

これは各FX会社の公式ホームページから、インターネットで申し込むことができます。

口座開設をすると、IDやパスワードを設定し、取引が開始できるようになるわけです。

そのFX会社を通じて、インターネット上で取引をしていくんですね。

FX会社にはそれぞれ特徴があり、サービス内容も様々です。

自分のライフスタイルや投資スタイルなどを考慮して、相性の良いFX会社で口座開設をすると良いでしょう。

FX会社選びは慎重に行ってくださいね。

どの業者で口座開設をするのかによって、今後のFXライフを大きく左右します。

FXには「証拠金」が必要

FXとは証拠金が必要FX会社で口座開設をする際には、一定の資金を担保として預け入れる必要があります。

この担保金が、「証拠金」と呼ばれるものです。

このように最初に担保金として預けた資金は、「取引証拠金」として扱われます。

実際の取引に必要な証拠金の額は、それぞれのFX会社が自由に決めています。

これは取引額に比例し、最低限必要とする預託金のことを、「必要証拠金」と呼びます。

また、取引をして為替差益が出た場合、その損益分が取引証拠金に反映されます。

利益が出た場合はプラスされて、損失が出た場合はマイナスされる、ということですね。

このときに保有している証拠金のことを、「有効証拠金」と呼びます。

要するに、FX会社に預ける担保金の範囲内で取引をするということなんだね。
その担保金から、必要証拠金を使い取引していくのよ。

FXの魅力とリスク!「レバレッジ」という仕組み

FXとはレバレッジが魅力「レバレッジ」とは、証拠金の数倍~25倍の金額で取引ができる仕組みです。

FXは他の投資とは違い、少額で大きな取引ができるレバレッジという魅力があるんです。

FXが人気の理由は、このレバレッジがあるからなんですね。

例えば1ドル120円の時に、1万ドルを取引するのには、120万円の資金が必要だと思いますよね?

実際、銀行に外貨預金をする場合はその資金が必要です。

しかし、FXの場合はレバレッジを利かせれば、遥かに少ない資金で取引が可能なんです。

レバレッジを25倍で取引した場合で考えてみましょう。

これは証拠金の25倍の金額で取引ができるということになります。

つまり、120万円÷25=48,000円。

ですので、1万ドルを取引するのに必要な証拠金は、48,000円で済むことになります! FXとは?レバレッジの仕組み

このように、FXではレバレッジをかければ、持っている以上の大きな金額を動かすことができます。

為替レートが少し動いただけでも、損益に与える影響は大きいです。

ただし、ここで注意してほしい点があります。

それは、ハイリターンではあるけれど、ハイリスクでもあるということです。

前項目でも紹介した通り、為替レートが自分の思惑と反対に動いてしまった場合、レバレッジをかけて取引をしていると、大損になってしまいます。

損失が証拠金を上回ると、借金の可能性も出てきます。

初心者の方は、そのような大失敗を犯さないためにも、知識を学び、身の丈に合った取引ができるようしっかりと事前準備をしておきましょうね。

なるほど。FXはリスクを伴う取引なんだね。
そう。

リスクを回避するためにも、正しいFXでの取引を学ぶ必要があるのよ。

儲けられそうだからという理由だけで、安易に取引に踏み込むのはとっても危険!

一歩一歩、着実に勉強していきましょう。

FXのもうひとつの稼ぎ方「スワップポイント」

FXとは金利差でも利益が出るFXには、「金利差」を狙った取引もあり、これを「スワップポイント」と呼びます。

FXでの利益の出し方は、先ほどご紹介した為替差益と、このスワップポイントの2通りがあります。

それぞれの国の通貨には、「金利」というものが付いています。

金利はその国々によって異なり、例えば日本の場合は0.1%です。(日本は超低金利!)

金利の異なる2国間の通貨を取引すると、金利差が発生しますが、これがスワップポイントです。

スワップポイントは基本年ベースで算出されますが、FXの場合はさらに日割りで換算してくれます。

では、その金利差を狙った取引の具体例を挙げてみましょう。

FXで高金利通貨として人気のオーストラリアドル。(豪ドル)

オーストラリアの金利は2.5%で、日本との金利差は2.4%です。 FXとは?豪ドルと日本円の金利差例

この豪ドルを1万通貨買うと、毎日60円程度のスワップポイントを受け取ることができます。

これを1年間保有すれば、約21,900円になります。

外国は日本よりも金利が高いことがほとんどですので、スワップポイントを目的とした取引もFXの大きな魅力となっています。

また、為替差益は短期間での取引でも、頻繁に行えば多くの利益を出すことが可能ですが、スワップポイントは基本的に中・長期運用となります。

毎日スワップポイントを受け取ることができるのは嬉しいですが、例えばたった1日だけの取引だと数十円の儲けにしかなりません。

じっくり時間をかけて、「お金を育てる」ような感覚で取引をするのが、スワップポイントでの運用なんですね。

ただし、スワップポイントは毎日変動するものなので、いつも同じ金利差額をもらえるとは限りません。

高金利通貨を保有していたとしても、マイナスに転じることもあるので注意が必要です。

はぁ。かなり良さそうな運用方法かと思ったけど、やっぱりリスクはつきものなんだ・・・。

あなた、まだ楽して儲けることを期待しているわね。

気持ちはわかるけれど、そんな心持ちではFXなんてできないわよ!

具体的にどんな怖いことが起こるかを見れば、少しはまじめに取り組む気になるかしら?

初心者が失敗しがち!自己破産も?FXの怖いリスク

FXとはリスクも当然あるFX初心者の方には、特にありがちな失敗例があります。

それは、「損切り」ができないということです。

「損切り」とは、含み損が発生しているときに、保有しているポジションを決済し、損失額を確定させることです。

つまり、これ以上損失額を増やさないように、見切りをつけるということですね。

では、なぜ初心者の方は損切りができないのでしょうか?

それは、もともと人間の心理構造が、損切りできないようになっているからなんです。

どういうことかというと、例えば損失が出てしまったとき、当然、その損を回収したいと思いますよね?

損失をゼロにできるなら、ある程度のリスクを冒してでも回収したいと思う方が多いと思います。

しかし、その施策が失敗して、さらに損失額が増えてしまったら、どうしますか?

実は、FX初心者の方はこのループに陥ってしまいがちなんです。

そのうち証拠金がゼロになるどころか、下回って借金をするという事態にもなりかねません。

実際にそういった事例もあるようですし、最悪の場合、自己破産という選択を取らざるをえなくなってしまう可能性もあります。

こ、怖すぎる!そうなったら人生終わりだー!

わかったかしら?

そうならないために、これから勉強していくんじゃない。

で、でもどうすれば良いのかわからないし・・・

証拠金が危うくなっても、FX会社からは何の連絡も来ないの?

いいえ。

証拠金がマイナスになるほどの損失は、FX会社にとっても良くないもの。

ある程度まで証拠金がなくなると、FX会社からは連絡が来るようになっているのよ。

最低限の資産を守る!証拠金維持率とロスカット

FXとは損切りができることが大事証拠金維持率とは、取引状況がどのくらい危険か、あるいは安全かを示す水準です。

この数値が高ければ高いほどより安全だと言えますし、逆に低ければ低いほど危険だということになります。

証拠金維持率は、次の計算方法で算出できます。

【証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100】

例えば、米ドルが1ドル100円のときに、1万通貨(1万ドル分)を買ったとします。

レバレッジは10倍、必要証拠金が100,000円とします。

このときFX口座に15万円を入金しています。

これを上記の計算式に当てはめると、

【150,000円÷100,000円×100=150%】

つまりこの場合、証拠金維持率は150%となるわけです。

各FX会社は、この証拠金維持率が、自社の定めた水準以下になった場合、証拠金の追加入金を促す警告を出します。

この警告の事を「ロスカットアラート」や「マージンコール」と呼びます。

重要なのは、この警告が来た時に、速やかに証拠金を追加して損切りを行うということです。

ロスカットアラートは、FX会社が投資家に対して、「危険な水準で取引をしていますよ」とお知らせしてくれる、大事なシステムなんです。

また、この警告を無視して取引を続けると、「強制ロスカット」と呼ばれる、強制決済が執行されてしまいます。

含み損が大きくなりすぎてしまっている場合、不足金が発生するのを防ぐために強制決済が行われるわけです。

つまり、ロスカットアラートも強制ロスカットも、私たちの最低限の資産を守ってくれる仕組みなんですね。

この仕組みがあることによって、負債を抱えてしまうリスクを回避できるんです。

ちなみに、ロスカットアラートは証拠金維持率が100%以下、

強制ロスカットは証拠金維持率が50%以下となる場合に執行されるFX会社が多いようです。

もちろん、各FX会社によってその水準は違いますが、ある程度の目安として覚えておきましょう。

なぁんだ、じゃぁ大丈夫じゃない!証拠金がなくなるなんてことがないような仕組みがちゃんとあるんだ!
そうとも限らないわよ?

為替レートが急激に動いた場合、強制ロスカットが間に合わないこともあるの。

レートが強制ロスカットの水準を大きく離れてしまうと、証拠金以上の損失が発生することもあるのよ。

大事なのは、ロスカットされる水準での取引はしない事

FXとはリスク管理が超重要はっきり言います。ロスカットされるような水準で取引を行っているような投資家は短命です。

それは何故かって?

もう前項目まで読んでいただければわかると思いますが、リスク管理が甘いと、すぐにFXから退場になってしまうからです。

損切り出来ずにいつまでも無茶な水準で取引していては、いくら資産があったって足りませんよね。

頻繁にロスカットされているという事は、リスク管理が致命的にダメな証拠です。

先ほど相場が急に動いたときはロスカットが間に合わないこともあると説明しましたが、相場急変時には自殺者が出るという事も耳にします。

将来を信じて投資活動を始めたはずが、そのようなことになっては嫌ですよね。

FXで利益を出し続けているトレーダーは、必ずと言っていいほどリスク管理に徹底しています。

ですからこれからFXを始めようという方も、そのことについて良く勉強してから取引に臨んでください。

リスク管理はFXにおいての肝と言っていいほど、ものすごく大切です。

逆にそれができるようになれば、FXで勝てる可能性もグッと高くなります。

なるほど。利益を出すことばかりを考えがちだったけど、危険を回避できないと物理的にも精神的にも良くないよね。
その通り。

リスク管理ができない人が、借金をしたり自己破産をしたりしてしまうのよ。

その落ち度でFXから退場になるだけではなく、人生そのものも狂ってしまうの。

私が甘い考えでFXに参入してほしくないのは、こういうことがあるからなのよ!

FXで勝つためには・・・

FXとは知識・経験が必要FXで勝つためには、まずは徹底的に知識を吸収しましょう。

誰でも最初から負けるつもりでFXを始めようとは思わないはずです。

もう一度言いますが、FXはギャンブルではなく「投資」です!

投資は、様々な分析をし、資産をしっかり守り、適切なリターンを得ることが目的です。

そのためにはしっかりとした下準備が必要です。

ですので、当サイトでFXの基礎を確実に身に付けていってください。

知識を得た後はアウトプットも必要です。

その頃にはFXで実際の取引ができるようになっているはずです。

色々な取引を試してみて、経験を積んでいってください。

何事も練習が必要です。

利益を出すこともあれば、損失が出ることもたくさんあります。

そんな経験を重ねていく中で、自分にとって「コレだ!」と思えるような手法を発見できます。

当サイトで一緒に勉強していきましょう!

今回は、FXについて本当に基本中の基本の事だったね。まだまだ学ばなきゃいけないことは沢山!
そうね、何事も基本が大事よ。

それに投資は弱肉強食の世界。

しっかり力を付けていかないと、勝てるトレーダーにはなれないわ。

どこの世界でも同じことだよね。

努力して実力を付けた人が、勝てるトレーダーになるんだね。

一流は一定のレベルでの取引を続けることができるの。

それは経験と知識に裏付けされた実力があってこそなせる業よ。

本気で取り組めば、必ず返ってくる。

それもまた、FXの大きな魅力のひとつね。

FXとは?のまとめ

FXとはのまとめ
  • FXとは外国為替証拠金取引のこと
  • FXとはギャンブルではなく投資のこと
  • FXの目的は為替差益
  • FXはインターネット上で取引をする
  • レバレッジで証拠金以上の取引ができる
  • スワップポイントも稼ぎ方の一つ
  • 借金や自己破産の可能性もある
  • ロスカットで最低限の資産が保証される
  • ロスカットを受ける水準での取引はしないこと
  • FXで勝つためには十分な知識と経験が必要
本ページで使用しているキャプション画像は、全て外為オンラインから引用したものです。


初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買でスワップ収入 自動売買でプロのようにFX
GMOクリック証券 GMOクリック証券 yjfx 外為オンライン