手放しで利益が貯まる?FXのスワップポイントとは金利差額の事

FXのスワップポイントとは?

スワップポイントとは?金利差で利益を出す運用方法

FXのスワップポイントとは金利差額の事

スワップポイントとは、2つの通貨の金利差の事です。

FXでは、為替差益とこのスワップポイントの2通りの方法で利益を得ることができます。

各国の通貨には、それぞれに金利が付きます。

その金利は国が独自に定めており、そのことを「政策金利」と呼びます。

金利はその通貨(または国)によって異なっており、取引している通貨ペアの金利差が大きければ大きいほど、利益にも大きくなるんです。

例えば日本円の金利は0.1%で、各通貨に比べても特に超低金利なんです。

逆に高金利として人気なのが、豪ドル(オーストラリア)やNZドル(ニュージーランド)で、FXでは比較的よく取引が行われている通貨です。

豪ドルは1.5%、NZドルは1.75%となっています。

金利差で利益を得る取引なんだね。

日本が低金利ということは、多くの通貨ペアで利益を出せるということかな?

そうね。

日本より金利の低い通貨は、あまりないわね。

あったとしても、結構マイナーな通貨だったりするのよ。

でも、日本でも昔は金利が10%近くまで上がったこともあったのよ。

FXのスワップポイントは外貨預金よりも有利!

FXのスワップポイントが外貨預金よりも有利

スワップポイントは、外貨預金よりも有利な点がいくつもあります。

どちらも同じように長期的に外貨を保有して金利を受ける資産運用です。

しかし、現在は外貨預金よりもFXのスワップポイントを利用した運用をする方が増えています。

圧倒的に手数料が安い

FXのスワップポイントはコストが安いまず、FXの方が外貨預金よりも有利な点は、手数料の安さです。

例えば米ドルの場合、外貨預金だと1ドルに対して往復で2円程度の手数料がかかります。

米ドルを日本円で1万通貨買いたい場合、2万円もの手数料がかかってしまいます。

これがFXの場合だと、ドル円の往復でも0.3銭ほどしかかかりません。

これは、銀行の外貨預金より、600倍以上も安いんです。

価格変動が常時

FXのスワップポイントの方がチャンス大FXのスワップポイントは、常に価格が更新されます。

外貨預金の場合は、1日に1回しか更新されません。

より有利なレートで取引するためにも、FXのほうが断然チャンスが多いんです。

取引が24時間可能

FXのスワップポイントは24時間取引ができるFXは平日24時間、いつでも取引ができます。

外貨預金は銀行の営業時間内でしか取引ができません。

そのため、会社員をしながら副業で夜間に取引をするような方にとっても、FXの方が便利だと言えます。

全体的にFXで取引をした方がお得なんだね。

外貨預金をしてる人はスワップ運用に切り替えた方が良さそうだね。

しかもFXなら取り扱っている通貨ペアの数も多いから、より高金利な通貨の取引ができるのよ。

少ない投資金額で大儲け!FXとはお金を育てる資産運用のこと2018.02.27

毎日もらえるのが魅力!FX市場がお休みの日にも

FXのスワップポイントは毎日付与される

スワップポイントはポジションを保有していれば、毎日付与されます。

基本は年ベースで算出されるのですが、それをさらに日割りで換算されます。

ポジションを保有している日数が長ければ長いほど、どんどんスワップポイントが貯まっていくわけですね。

ポジション持越し!「ロールオーバー」

FXのスワップポイントはポジション持越し時に発生ポジションを持ったまま翌日に持ち越すことを、「ロールオーバー」と呼びます。

スワップポイントは、作ったポジションを翌日以降に持ち越す際に発生するんです。

ロールオーバーは、日本時間で午前7時ニューヨーク市場のクローズ時点で行われます。

スワップポイントが3倍!木曜日が狙い目

FXのスワップポイント3倍デーがお得スワップポイントは、毎週木曜日には3日分加算され、そのことを「スワップ3倍デー」と呼びます。

というのも、スワップポイントは外国為替市場が休みの土・日曜にも発生するからです。

通常、FXでは取引完了の2営業日後に受け渡しがされる仕組みになっています。

水曜日にポジションを保有した状態で、ニューヨーク市場のクローズ時間を超えると、木曜日の2営業後は翌週の月曜日です。

したがって、土日をまたいだ3日分のスワップポイントを受け取ることができるんです。

ポジションを保有しているだけで、毎日スワップポイントがもらえるんだね。
その毎日もらえるということが、スワップポイントの魅力よ。

でも気を付けてほしいことがあるの。

スワップポイントは毎日変動して、マイナスになるときは支払わなければならないのよ。

マイナスになる場合に注意!それは支払うということ

FXのスワップポイントは支払うこともある

スワップポイントは、マイナスになる場合はこちらが支払うことになります。

前項目までは、スワップポイントがもらえる場合で紹介しましたが、これは金利差がプラスになっている状態です。

例えば、日本円(金利0.1%)と豪ドル(金利1.5%)とした場合、豪ドルを売りに日本円を買う取引をすると、金利差がマイナスになります。

【0.1%-1.5%=-1.4%】

つまり、1.4%の金利差を支払うという事です。

基本的には高金利通貨を売って低金利通貨を買うと、スワップポイントがマイナスになるということを覚えておきましょう。

これはスワップ3倍デーにももちろん適応されてしまうので、その場合は支払う金利差も3倍となってしまいます。

また、スワップポイントは毎日変動します。

金利はあまり変化しないというようなイメージを持っている方はご注意くださいね。

さらに相場が急変するようなことがある場合、プラスだったスワップポイントがマイナスに転じることもあります。

金利差がマイナスの場合、ポジションを保有し続けたらどんどん支払う額も大きくなっちゃうね!
それに世界や各国の経済状況によって政策金利は変わるものなの。

特に発展途上国は政治が安定していない分、その通貨の価値がなくなってしまう可能性もあるわ。

そこの通貨で取引するには十分に注意する必要があるのよ。

スワップポイントの運用は中長期が基本

FXのスワップポイントは中長期運用が基本

スワップポイントを狙った運用は、中・長期で行うのが基本です。

1日あたりのスワップポイントは、各FX会社が独自にその値を決めています。

例えば、豪ドル/円を1万通貨保有した場合、1日に付与されるスワップポイントが50円だったとします。

この場合、1日しか保有せずに取引を完了してしまうと、50円の儲けにしかなりませんよね?

しかし、これを1年間保有し続けるとどうなるでしょうか?

【50円×365=18,250円】

このように、18,250円の利益になるわけです。

これがもっと高金利の通貨である場合、1日に付与されるスワップポイントも大きくなります。

つまり、短期間での取引で得られる利益は微々たるものですが、運用期間が長ければ長いほど、利益も膨らんでいくことになります。

スワップポイントは、ポジションを保有しているだけで利益を得られます。

最初にポジションを作ってしまえば、あとは基本的に何もしなくても良い取引です。

もちろん先ほどご紹介したリスクもありますが、のんびり中・長期の運用がしたい方にはピッタリの取引方法ですね。

為替差益を狙った取引とは違って、じっくりと利益を膨らませていくんだね。
黙っていても自動的に毎日利益が重なってく。

それがスワップポイントの魅力ね。

セカセカと頻繁に作業をしなければいけない取引が苦手な人には、スワップ運用がオススメよ!

スワップ狙いでの取引は、どの通貨ペアがオススメ?

FXのスワップポイントでオススメの通貨ペア

今最も注目を集めている高金利通貨は、「トルコリラ」です。

スワップ運用を検討しているのなら、今は特にトルコリラ/円での取引がオススメです。

金利8.0%!トルコリラ/円がアツイ

FXのスワップポイントはトルコリラがアツイトルコの政策金利は8.0%と、各通貨ペアの中でも最も高金利の通貨です。

各FX会社によって違いますが、1万通貨保有した場合、1日に付与されるスワップポイントは、80円~100円ほどとかなり高水準です。

例えば、1日のスワップポイントが100円だった場合、これを10万通貨保有したとします。

すると1日あたりのスワップポイントは1,000円です。

1ヵ月(30日)で30,000円。

1年間(365日)保有すると、なんと365,000円!

同じく高金利通貨ペアで人気の高い豪ドル/円で、同じ条件で取引した場合は1年間で21,900円です。

トルコリラ/円は、その16倍以上にもなります。

また、トルコは中東で最大の経済規模を誇り、金融システムも安定しています。

リーマンショックの時でも金融機関の破綻が発生しないほどの高い健全性があります。

そのため、このトルコリラ/円の取り扱いを開始し、力を入れているFX会社も増えてきています。

安全性・高利益を考えても、トルコリラで取引するのがオススメです。

豪ドルもFXで人気の通貨だけど、それよりも圧倒的に利益が大きいのがトルコリラなんだね。
ちなみにメキシコペソ南アフリカランドも高金利通貨として有名ね。

ただ、1万通貨保有した場合の、1日あたりのスワップポイントは15円前後なの。

そのことを考えると、同じ高金利通貨でもトルコリラの方が断然お得だわ。

レバレッジをかけてさらに利益アップ!

FXのスワップポイントはレバレッジ1~2倍くらいが良い

スワップポイントも、レバレッジをかけた運用が可能です。

レバレッジは証拠金の25倍程度まで取引ができる、FX最大の魅力ですよね。

前項目で紹介したトルコリラ/円での取引を例にしてみましょう。

  • 1日のスワップポイントは100円
  • 20万通貨保有
  • レバレッジ2倍
  • 元手金300万円

単純に考えて、利益が2倍になるわけですね。

1年後には【36.5万円×2】ですので、73万円の利益が出ます。

「せっかくレバレッジ25倍までの取引ができるなら、もっとレバレッジをかければいいじゃん!」

そう思われた方いますか?

そうですよね、普通に考えたら、レバレッジを多くかけた方がもっと大幅な利益増大に繋がると思いますよね。

例えば上記の例で、レバレッジを10倍にすると、年間のスワップポイントは360万円にもなります。

そうなると、もう金利収入だけで生活できるレベルですよね。

しかし、レバレッジはかければかけるほど、ロスカット(強制決済)されるリスクが高まります。

レバレッジが2倍の場合でも、為替レートが半分になってしまえばロスカットです。

これが3倍になったら30%の下落でロスカットです。

初心者の方には、このリスクを考えると、レバレッジをかけた取引はあまりお勧めできません。

できるなら1倍、多くても2倍程度で取引していただきたく思います。

3倍以上になると、なかなか危険なニオイがプンプンです。

リスク管理に絶対の自信があるなら、レバレッジが何倍だろうと関係なく儲けられるでしょう。

金利収入だけで生活できるのは魅力だけど、ロスカットのリスクを考えると、なかなか難しそうだね。
レバレッジを10倍にもしてしまうと、レートがたったの10%下落しただけでもロスカットされてしまうわ。

こういった取引は、初心者の人には無謀と言えるわね。

スワップ運用でオススメのFX会社は?

FXのスワップポイントでオススメのFX会社

スワップポイントを狙った取引をするうえで、私がオススメだと思うFX会社は、「GMOクリック証券」「YJFX!」です。

スワップポイントは各FX会社によって様々な値に設定されています。

その中でも、高い水準でスワップポイントを提供しているのが、この2社です。

業界大手!GMOクリック証券

スワップポイントでオススメのGMOクリック証券

GMOクリック証券は、高水準のスワップポイントを提供しているほか、トルコリラ/円南アフリカランド/円といった高金利通貨ペアにも力を入れています。 GMOクリック証券のスワップポイント

手数料、スワップ、取引ツールが高スペックで、初心者の方にもFXを始めやすい環境が整っています。

また、保有しているポジションを決済することなく、スワップポイントのみを受け取ることも可能です。

FX会社選びに困ったら、まずはここで検討してみると良いでしょう。

総合的に優れた、バランスの良いFX会社です。

GMOクリック証券

ヤフーグループのYJFX!

FXのスワップポイントでオススメのYJFX!

YJFX!は、各通貨ペアが全体的に高水準です。

こちらはトルコリラ/円の取り扱いは無いものの、中国人民元や香港ドルといった、比較的珍しい通貨も取り扱っています。

取り扱い通貨ペア数はGMOクリック証券よりも多いので、取引の幅が広がります。

1,000通貨単位での取引が可能なので、少額で始めたい方にもオススメです。

また、YJFX!で取引をすると、Tポイントが貯まるサービスも提供しています。

YJFX!
スワップポイントで選ぶなら、まずはこの2社で検討すれば良いんだね!
どちらにも共通しているのは、初心者の人にとっても利用しやすいということよ。

安全性や信頼性もある優良FX会社だから、総合的に見てもオススメよ。

スワップポイントカレンダーを確認せよ!

FX会社のスワップポイントカレンダーを見てみよう各FX会社は、それぞれスワップポイントカレンダーを作成しています。

業者によって提示しているスワップポイントは異なるので、各社のホームページでこのカレンダーを確認しましょう。

毎日変動するスワップポイントですので、カレンダーも毎日更新されています。

参考までに、先ほど紹介したGMOクリック証券とYJFX!の直近のスワップポイントを掲示しますね。

GMOクリック証券(FXネオ)

  • 米ドル/円
GMOクリック証券の米ドル/円のスワップポイント
  • 豪ドル/円
GMOクリック証券の豪ドル/円のスワップポイント
  • トルコリラ/円
GMOクリック証券のトルコリラ/円のスワップポイント
上記の表は、左から順に「発生日」「入出金日」「売スワップ」「買スワップ」「付与日数」となります。

YJFX!

YJFX!のスワップカレンダー
あれ?売スワップと買スワップの値が違うのはなんでだろう?
良い所に目を付けたわね。

スワップポイントの売値と買値の差は、FX会社にとっての手数料となるのよ。

この2社はかなり差額が小さいけれど、中には数十円以上の差額で設定しているFX会社もあるわ。

スワップ運用を始めるのなら、できるだけ売りと買いの差がないFX会社を選ぶといいわね。

確定申告の必要もある!FXでの収益にも税金がかかります

FXのスワップポイントにも税金がかかるということを忘れずにFXで取引をすることによって発生する利益は、所得税(雑所得)の対象です。

もちろん、スワップポイントもその中に含まれます。

ただし、未決済ポジションについてかかるスワップポイントについては、基本的には課税対象から外れます。

ポジションを決済した際にスワップポイントを付与するFX会社の場合には、上記のことが適用されます。

しかし、毎日スワップポイントが口座に反映されるタイプのFX会社の場合、収益が確定されたことになります。

したがって、その年に受けたスワップポイントの合計額が、課税対象となります。

後者の場合、為替差益とスワップポイントの合計利益が、年間20万円以上の場合は確定申告が必要です。

これはサラリーマンなどの給与所得者がFXでの収益を出している場合です。

一方、個人事業主や給与所得者以外は、年間の利益が38万円以上の場合に確定申告をする必要があります。

高金利通貨ペアでスワップ運用をしていると、年間20万円以上の利益は割と簡単に出てしまいます。

ですから、確定申告をし忘れていたなんてことのないようご注意くださいね。

一定以上の利益があった場合は、必ず確定申告を行わなければならないんだね!
利益が出ているのにもかかわらず確定申告を怠ると、脱税行為とみなされてしまうこともあるわ。

また、損失を出した場合も、3年間の繰り越し控除ができるから、確定申告をした方が節税になるわよ。

FXのスワップポイントのまとめ

FXのスワップポイントまとめ
  • スワップポイントとは、金利差額の事
  • スワップポイントは外貨預金よりもメリットが多い
  • スワップポイントは毎日付与される
  • マイナスになる場合は支払う
  • スワップ運用は中・長期が基本
  • スワップ狙いならトルコリラ/円がオススメ
  • レバレッジは1~2倍に抑えておく
  • スワップ運用ならGMOクリック証券YJFX!がオススメ
  • 各FX会社のスワップポイントカレンダーを確認しよう
  • FXの収益には税金がかかる

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買でスワップ収入 自動売買でプロのようにFX
GMOクリック証券 GMOクリック証券 yjfx 外為オンライン