管理が甘いと借金に!FXのロスカットに頼りすぎるのは大損の元

FXのロスカットとは?

投資家の敵か味方か FXのロスカットとは?

FXのロスカットとは最低限の資産を確保するための大切な仕組みFXのロスカットとは、含み損が大きくなり過ぎた場合に、自動的に強制決済される仕組みです。

「強制決済」と聞くと、なんだかあまり良い気分ではありませんよね。

まだ取引を続けたかったポジションを決済されてしまうわけですから、投資家にとっては疎まれがちです。

しかし、ロスカットは、実は最低限の資産を確保するための大切な仕組みなんです。

この仕組みがなければ、元手金以上の損失を出してしまう可能性が格段に高くなってしまうんです。

つまり実際のところは、ロスカットは私たち投資家を守ってくれるシステムだと言えます。

具体的には、「証拠金維持率」が一定のラインを下回った場合に、強制ロスカットが執行されます。

証拠金維持率というのは、各FX会社が設定しており、この水準を守って取引することが重要です。

「証拠金維持率って何?」

「具体的にどれくらいの割合でロスカットになるの?」

FX初心者の方は、こういった疑問もあるかと思います。

そこで今回は、FXのロスカットについて、詳しくご紹介していきますね。

この仕組みをきちんと理解し、取引に臨みましょう!

まずは証拠金維持率とは何なのか?

それについて見ていきましょう。

ロスカットは、リスク管理の面でも非常に大切な仕組みだよね。
ただし、ロスカットがあるといっても、借金になってしまう場合もあるのよ。

そのことについても、後で事例を見てみましょう。

その取引、どれくらい危険?証拠金維持率とは?

FXのロスカットは証拠金維持率が水準になる「証拠金維持率」とは、実際に取引している金額に対しての、証拠金残高の割合の事です。

FXを始める際は、FX会社に証拠金(担保金)を入金する必要があります。

取引を始めると、この証拠金に評価損益が加減算され、必要証拠金に対する証拠金残高(有効証拠金)の割合のことを証拠金維持率といいます。

簡単に言うと、トレーダーがどれくらい危険な、あるいは安全な水準で取引をしているのか、の目安となる値になります。

証拠金維持率の計算方法

【有効証拠金÷必要証拠金×100=証拠金維持率】

これが証拠金維持率の計算式になります。

具体的にこれに数字を当てはめて考えてみましょう。

証拠金維持率の具体例

まずはわかりやすいように、評価損益は無しで計算してみましょう。

例えば、10万円の証拠金を入れて、1ドル100円のときに、1万通貨をレバレッジ25倍で保有したとします。

すると、計算式は

【有効証拠金6万円(証拠金10万円-必要証拠金4万円+含み損0円)

÷必要証拠金4万円(100円×1万通貨÷レバレッジ25)×100=150】

となるので、この時の証拠金維持率は150%ということになります。

これが基本的な計算方法だね。

でも毎回この計算をしなきゃいけないのは大変だなあ。

FX会社によっては、証拠金維持率を簡単に算出できる計算機も使えるのよ。

それについては各社のホームページで確認してね。

FXのロスカットは突然執行される?

FXのロスカットは事前に通知がくるロスカットになる前に、FX会社から「マージンコール」や「ロスカットアラート」といった警告(通知)が来ます。

ですので、FX会社にもよるのですが、基本的には何の前触れもなくロスカットが行われるということはあまりありません。

このロスカットアラートやマージンコールは、いわばイエローカードのようなもので、取引が危険な水準に入ってきたことを知らせてくれるシステムです。

また、「追証」と呼ばれることも多いですね。

これは、強制ロスカットとなる前に、「今後、余裕資金が不足する可能性があるので、追加で入金してください」という通知のことです。

このマージンコール・ロスカットアラートも、証拠金維持率が、そのFX会社が決めた水準を下回った際に発生します。

この通知が来た時点で、追加入金し、証拠金維持率が回復できれば、強制ロスカットを回避できるというわけですね。

また、保有しているポジションの取引数量を減らしたり、ポジションを損切りしてしまうことも、強制ロスカット回避方法です。

強制決済といっても、事前に通知がくるんだね。

この通知で対処できるかどうかが大事だね!

そうね。

マージンコール・ロスカットアラートを無視して取引を続けた結果、強制ロスカットされてしまうということだからね。

ちなみにこのマージンコールやロスカットされる水準は、FX会社によって違うのよ。

FX会社によってロスカットラインが異なる

各FX会社のロスカットラインロスカットとなる水準は、FX会社によって異なった値で設定されています。

FX会社別ロスカットライン(水準)比較

FX会社⇩ ロスカットライン⇩
外為オンライン 証拠金維持率100%未満
DMM FX 証拠金維持率50%以下
YJFX! 証拠金維持率50%を下回ったとき
GMOクリック証券 証拠金維持率50%未満
みんなのFX 証拠金維持率100%以下
インヴァスト証券 証拠金維持率50%以下
外為どっとコム 証拠金維持率100%を下回ったとき
ヒロセ通商 証拠金維持率100%未満
マネックスFX 証拠金維持率50%以下

ロスカットアラート・マージンコール・追証の水準比較

FX会社⇩ ロスカットアラート水準⇩
外為オンライン 無し
DMM FX 証拠金維持率100%以下
YJFX! 証拠金維持率100%を下回ったとき
GMOクリック証券 証拠金維持率100%未満
みんなのFX 証拠金維持率110%以下
インヴァスト証券 証拠金維持率75%以下
外為どっとコム 証拠金維持率200%に達したとき
ヒロセ通商 証拠金維持率200%を下回ったとき
マネックスFX 証拠金維持率70%に達したとき
アラートが来ないFX会社もあるんだね。

この場合は自分でしっかり証拠金維持率を把握しておかなきゃいけないね。

マージンコールやロスカットアラートが来ないFX会社でも、証拠金維持率は自分で管理しなきゃダメよ。

FX会社のシステムに頼り過ぎては、自己管理能力が育たないわ!

評価損益やレバレッジが加わった場合の証拠金維持率

FXのロスカットの計算例では次に、先ほどご紹介した証拠金維持率の計算式に、今度は評価損益を加えたり、レバレッジを変更した値を入れてみましょう。

  • 証拠金:20万円
  • 通貨ペア:米ドル/円
  • 為替レート:1ドル100円
  • 保有数量:1万通貨
  • レバレッジ:10倍

この時、為替レートが1ドル99円に下落してしまったとします。

そうすると、【有効証拠金9万円(証拠金20万円-必要証拠金10万円−含み損1万円)

÷必要証拠金10万円(100円×1万通貨÷レバレッジ10)×100=90%】

となるので、このときの証拠金維持率は90%となります。

証拠金維持率100%以下(あるいは未満)でロスカットラインを設定しているFX会社の場合、これだと強制ロスカットを受けてしまいますね。

50%以下で設定しているFX会社ならセーフとなります。

今度は、上記の設定を、レバレッジだけ変更してみましょう。

レバレッジ25倍で設定していたとしたら、

【有効証拠金15万円(証拠金20万円-必要証拠金4万円−含み損1万円)

÷必要証拠金4万円(100円×1万通貨÷レバレッジ25)×100=375%】となります。

つまり、同じ証拠金で同じ含み損なら、レバレッジを高く設定していた方が、より安全に取引ができるということですね。

このときの評価損益がプラスになっている場合は、当然証拠金維持率も上がることになりますね。

例えば、今度は上記の例で証拠金が8万円しかなかった場合は、

【有効証拠金3万円(証拠金8万円-必要証拠金4万円−含み損1万円)

÷必要証拠金4万円(100円×1万通貨÷レバレッジ25)×100=75%】となります。

このことから、レバレッジを高く設定していたとしても、証拠金が少ないと強制ロスカットのリスクが高まるということがわかりますね。

これを見ても、証拠金は余裕を持って入金しておいた方が良いと言えるね!
そうね。

証拠金は多いほど、余裕資金も多くなって含み損に耐えられる額も上がるわ。

FXで借金になる場合とは?強制ロスカットが間に合わない?

FXのロスカットが間に合わないこともある強制ロスカットは、コンピューターが自動的に決済します。

しかし、相場の急変時等は、ロスカットライン以上に為替レートが大きく動いてしまう場合があります。

つまり、強制ロスカットが間に合わないということもあり得るんですね。

例えば、先ほどの例の場合、ドル円のレートが1ドル100円から90円にまで急激に下がってしまったとします。

そうすると、

【有効証拠金-6万円(証拠金8万円-必要証拠金4万円−含み損10万円)

÷必要証拠金4万円(100円×1万通貨÷レバレッジ25)×100=-150%】

証拠金維持率がマイナスということは、つまり負債を抱えてしまっているということです。

このように、急激に、例えばたったの1日で大暴落してしまった場合はロスカットアラートやマージンコールはもちろん、強制ロスカットすらも間に合わないことがあるんです。

こうなってしまうともう借金になってしまいます。怖いですよね。

ですが、実はまだ、借金となってしまう事例があるんです。

しかも、今度は強制ロスカットが原因で・・・?!

ロスカットが原因で借金をしてしまう場合とは?

FXのロスカットが原因で借金に?先ほどロスカットを回避する方法として、ロスカットアラートが来た時に証拠金を追加入金することを上げました。

例えば、その後にまたアラートが来て、また証拠金を追加して・・・というのを、繰り返すとどうなるでしょうか?

もうおわかりですよね?

過度に証拠金を膨らませ、強制ロスカットされてしまったとしたら、それだけ失う資金も膨れ上がります。

この証拠金を追加するという行為を繰り返してしまう人が、FXで大損してしまう人の特徴なんです。

FXで大失敗してしまう人は、「損切りができない」というのが最大の理由です。

根拠もなく、損を回収できるかもしれないと考えてポジションを決済しないんですね。

そもそもロスカットアラートが来てる時点で、思惑とは相当ギャップのある取引をしている証拠です。

つまり、その時点で潔く損切りしなければ、その後の取引で勝てる可能性は低いでしょう。

証拠金以上のマイナスを発生させないための仕組みがロスカットなのに、これでは本末転倒ですよね。

FXで借金をする場合は、相場の急変と損切りができないことが原因なんだね。
ロスカットがあるから証拠金以上の損はしない!

なんて思っていると、こういった目に遭う可能性もあるのよ。

つまり、いくら私たちを守ってくれるシステムがあったとしても、結局は自分でリスク管理ができなければ、FXで成功することはできないということね。

スイスフラン大暴落!多くのトレーダーが大損

FXのロスカットが間に合わず多くのトレーダーが借金ここで一つ、実際に起こったFXでの衝撃的な事例を紹介します。

2015年に起こった、「スイスフランショック」をご存知でしょうか?

さほど昔ではないですよね、たったの3年前の出来事です。

これは、スイスフランが115円台から162円台前半まで約47円も高騰し、その後132円台まで30円ほども急落してしまったことです。

最初に売りでポジションを持っていた人たちは大損をすることになってしまい・・・

高騰後に買いポジションを持った人たちも、やはり大損することになってしまいました。

ちなみにこの暴落では、20分で41%も暴落することになり、このときインターバンクが価格を提示できない「値とび」が起きています。

損害規模が大きく、このスイスフランショックで借金を負うことになったトレーダーも多くいます。

さらには、これがきっかけで破綻してしまったFX会社もあるんです。

大損をしたトレーダー達は、当然ロスカットが間に合うはずもなく多額の負債を背負うことになってしまったんですね。

スイスフランの高騰により他の通貨にも影響が出ていたようです。

もちろん、大損した人がいる裏には、大儲けできた人もいるわけなんですが・・・。

いかがでしょうか?

これはロスカットが間に合わなかった最も最悪な事例として取り上げてみました。

えぇ!そんなことが本当にあったの?
この事態でロスカットが間に合わなかったことから、裁判に発展してしまった例もあるみたいね。

スイスフランショックは、もはや事故と言って良いレベルね。

ロスカットのシステムは「完璧」ではない

FXのロスカットは完璧ではないロスカットは、いくら「資産を守るためのシステム」とは言っても、完璧ではありません。

リスクは自分で管理しなければならないのです。

システムを頼りすぎるのは、トレーダーとしてかなり甘いです。

「何が起こるかわからない」状況に備えて、FXには様々な分析手法や取引手法が存在するんです。

そして、何よりもリスク管理の大切さ。

いくら分析をしようとも、起こるときは起こるものです。

そのときにいかにリスク管理を徹底してきたのかが、その後のFX、あるいは人生に大きく影響していきます。

具体的にどういった対策をするべきなのか?

次の項目でご紹介していきますね。

ロスカットは最大限避ける努力をする

FXのロスカットは絶対避けよう重要なのは、ロスカットをされる水準での取引はしないということです。

具体的にどうすれば良いのかというと、

  • 証拠金に余裕を持たせる
  • 損切りをする

この2点を徹底することが大切だと私は思います。

証拠金に余裕を持たせる

ロスカットされないためには証拠金に余裕を持つ先ほどの例でもご紹介したように、証拠金に余裕を持たせておけば、余裕資金も当然多くなります。

私としては、証拠金は2倍以上の余裕がある資金を入金しておくことをオススメします。

証拠金ギリギリの取引をしていると、損失が出た時に対処しきれなくなってしまいますよね。

計算式からもわかるように、証拠金は少なければ少ないほど、強制ロスカットのリスクが高まります。

備えあれば憂いなしです。

また、取引数量を減らすことも、証拠金に余裕を持たせることに繋がります。

自身のレベルを超えないように取引をすることを心がけてください。

潔くスパっと損切り

ロスカットされないためには損切りを徹底するロスカットアラートやマージンコール、追証が来た時点で、その取引は「危険」だということです。

ですので、もしこの警告が来た場合は、まずロスカットされないために証拠金を速やかに追加入金しましょう。

そして、それを繰り返すのではなく、そのポジションは諦めて損切りしてしまいましょう。

損切りができるか否かで、勝ち組トレーダーになれるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

諦めずに損失を膨らますのか、諦めて他のポジションで利益を出すのか、どちらが良いでしょうか?

FXは、「いかに負けないか」よりも、「トータルで勝つ」ということが大切です。

トータルで勝つためにも、利益にならないポジションは潔く損切りしてしまいましょう。

これもリスク管理をするうえで大変重要なことになりますので、覚えておいてくださいね。

やっぱりFXは、リスク管理が肝になるんだね。

自分の能力に見合った取引を見極めることが大切なんだね。

そうよ。

大損や借金をしてしまうような人たちは、みんな自分の能力がどれくらいなのかわかっていない場合が多いわ。

自分のレベルとともに、徐々に取引も大きくしていくと良いわね。

マイナス分が帳消しに?海外FX口座の「ゼロカット」

海外FX業者では借金の可能性が無い?海外のFX会社には、口座残高がマイナスになった場合でも、残高をゼロにしてくれるシステムがあります。

そもそも「追証」がなく、証拠金維持率が低くなると、これ以上損失が出ないように決済されるんです。

その結果口座残高がマイナスになっている場合でも、帳消しにしてくれるんですね。

このシステムの事を「ゼロカット」と呼びます。

先ほどご紹介したスイスフランショックでも、あるFX会社ではこのゼロカットシステムを導入していたため、マイナス残高をリセットしたようです。

このFX会社に口座を持っていた人は難を逃れましたね!

顧客のマイナス分を請け負ってくれるなんて、海外FX会社は凄いです。

ではなぜ国内FX会社に追証の制度があるのかというと、これはFX会社自身を守るためでもあるんですね。

簡単に言うと、トレーダーの予想が外れれば、FX会社は儲かります。

反対に、トレーダーの予想が当たれば、FX会社は損をします。

この仕組みがあるから、国内FX会社には追証の仕組みがあるんですね。

へぇ~。

海外業者にはそんなシステムがあるんだね。

ちょっと興味あるな・・・。

確かにゼロカットは大きなメリットになるわよね。

ただ、その分海外業者はスプレッドが広かったリ、日本語への対応が不十分、信託保全が義務化されていない等のデメリットもあるのよ。

一概にどちらの方が良い・悪いとは言えないわね。

強制ロスカットを受けないために資金管理を徹底せよ!

FXのロスカットを受けないために資金管理を徹底強制ロスカットを受けてしまうということは、それだけ資金管理が甘いという事です。

FXで勝ち続けているトレーダーは、資金管理・リスク管理を徹底しています。

これからFXを始めようという方も、そのことを覚えておいてくださいね。

強制ロスカットを受けないような水準で、堅実に取引を行っていけるのであれば、必ず勝てるようになります。

運任せのFXは絶対しないようにしましょう!

そのためには、自分のレベルに見合った取引をするということが大切です。

稼ぎたいあまり焦っていきなり大金をつぎ込むようなことをしては、すぐに退場になってしまいます。

きちんと自分の能力を把握し、それ以上の取引はせず、一歩一歩確実にレベルアップしていきましょう。

FXに絶対はありません。

たとえまじめに取り組んでいたとしても、損失を出してしまうこともあるかもしれません。

しかし、先ほども説明したように、FXでは「トータルで勝つ」ことが大切です。

確実に、真剣に取り組んでいけば、必ず最後には勝てるトレーダーになれます。

もし、今あなたが強制ロスカットを受けるような水準での取引をしているのならば、ぜひ本ページを参考に、今一度自分の取引を見つめなおしてください。

そして、これからは勝てるトレーダーを目指して、一緒に学んでいきましょう!

FXのロスカット まとめ

FXはロスカットされない水準で取引しよう
  • FXのロスカットは最低限の資金を保証するための仕組み
  • 証拠金維持率の計算方法を知ろう
  • ロスカットされる前には基本的に事前に警告が来る
  • FX会社によってロスカットの水準が異なる
  • 証拠金維持率は証拠金が多いほど高くなる
  • ロスカットが間に合わず借金になってしまうこともある
  • 証拠金の追加ばかりしてしまうと大損の原因になる
  • スイスフランショックでは多くの投資家が借金をすることに
  • ロスカットのシステムは完璧ではない
  • ロスカットされないためには、資金に余裕をもち、損切りを徹底すること
  • 海外FX会社では借金のリスクが無いことも
  • ロスカットを受けない水準での取引を徹底しよう

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買でスワップ収入 自動売買でプロのようにFX
GMOクリック証券 GMOクリック証券 yjfx 外為オンライン